保険を解約、再加入しない理由を具体的に語ろうと思う

少し子供じみた話になるかもしれません。私が生命保険を解約、そしてその後もどの会社の保険にも再加入しない理由です。
 私は、会社のいわゆる中間管理職で、ある事業所の(90名在籍)所長をしています。保険会社といえばセールスレディが会社を訪問してきて、休み時間などに加入勧誘をする姿をよく目にします。ほどんど鴨になるのが新入社員。社会人経験のない若者を捕まえて、「社会人になったら保険に加入していないと、怪我や病気をした時大変よ。」と加入をすすめる。訪問時には、菓子や雑誌などを必ず持参してプレゼント。こんなものでと思うようなものでも、彼女たちにしてみれば親しくなるための大事なツールなのでしょう。

 しかし、何事も度を越すといいことはありません。ある大手N生命会社のセールスレディが、私の事業所へ出入りするようになりました。前任の方がお辞めになって、新規事業所を担当になって張り切っていたのかもしれません。就業時間中であっても事務所には入ってくるは、若手社員を呼び出すはで、最初は大目に見ていた私も我慢の限界を迎えました。

 私は、会社の労務担当を通して、彼女のN生命会社のエリアマネージャーへクレームを入れさせました。結果、当社では、事前に当社の労務担当へ訪問日時を予告しなければ、訪問許可が出なくなるように改善されました。 私はクレームをしたことはいいことをしたとは思っていません。私自信も今もあまりいいことをした感じを持っていないからです。しかし、業務に支障をきたすかもしれないエリアまで勝手に入ってくるのは、社会人としてのマナー違反です。そんなマナーも知らない彼女が社会人たるを若者に説いて、保険をセールスしているのが耐えられませんでした。

 その後、N生命会社を含め、出入りのすべての保険会社は、事前に会社側へ1週間分の訪問予定を提出、許可を取ってから来所する方法に改められました。休み時間以外の勧誘が完全になくなったとはいきませんが、だいぶ改善されました。しかし私は、保険自体への関心も薄れ、自身の保険も解約、今も再加入はしておりません。そのセールスレディのせいだとは言いませんが、N生命会社のイメージをダウンさせたのはその人に間違いありません。前任者が作り上げた実績や信頼を打ち壊してしまいました。保険外交員の方も、ノルマ達成にご苦労されているのだ とは思いますが、やりすぎは本末転倒です。十分に気をつけていただきたいです。

ほけんの時間に学資保険や生命保険の相談をする時に気を付けたいこと

学資保険や生命保険でおすすめできるのって?新感覚相談『ほけんの時間』

「保険」とういと、入院や三大疾病を思い浮かべる方も多いかもしれません。
でも実は、医療保険以外にも重要な保険があります。

それは老後の生活資金や、いざとなったときに必要なお金、子供の学資保険の代わりなどにも利用できる「生命保険」。生命保険の終身保険タイプは医療や何かあったときのための保障とともに、貯蓄としても活用できるんです。

銀行に預けるよりも金利もよく、保険なので保証もつくのが特徴です。さらに払い込み金額の一部を、ある一定期間を過ぎれば貸付という形で引き落とせるのもポイントです。

その分、掛け捨ての定期保険(共済など)よりは金額は高くなることも多いですが、払い込み期間が終わっても保障が残るので、今日本全国では一番売れている保険になっています。

生命保険にまだ加入していない方は、「生命保険てなに??」と思うでしょうし、加入している方は、「今の保険で大丈夫なのか・・。」と思うでしょう。

そんな不安や疑問に答えてくれるのが、「ほけんの時間」。今回はこのほけんの時間について詳しくお伝えします。

【生命保険(終身保険)は必要??】

独身の方には特にイメージがわかないかもしれません。しかし生命保険は、全員に必要なものです。また、若いうちに入っておいたほうが良いメリットもたくさんあります。

全員に必要というのは、死後の整理資金が関係してきます。今から自分が死んだときのことを考えるのは嫌かと思いますが、亡くなった時に必要な資金をご存知でしょうか?

一般的には葬式に300万、お墓で200~500万程度かかってきます。この資金は結婚していても独身であっても変わりません。もしその資金を自分で貯蓄していなければ、近親の誰かに迷惑をかけることになります。

そのため、生命保険(終身保険)でこの資金を蓄えておく必要があります。

また、若いうちに加入しておいたほうが良い理由は大きく分けて2つあります。

その中でも、最も良いとされているのがJAの学資保険。

学資保険の専門サイトである学資保険ランキングでも下記のように記されています。

JA共済の学資保険と共に、トップクラスの返戻率を保つ明治安田生命のつみたて学資も、ここまで大きな返戻率は出すことができません。

明治安田生命の場合は、払込期間を10歳までにして返戻率は105.7%です。2017年4月現在4月現在、最も高い返戻率を誇るのはソニー生命保険の学資保険でしょう。

平均返戻率は約110%です。ソニー生命の次に高いのが、おそらくJA共済の学資型学資保険です。総合的に見ると、保障もしっかりとついているJA共済の学資保険の方が上かもしれません。
出典:JA共済の学資応援隊-学資保険ランキング.biz

1つは、金額です。30代と60代では、毎月の保険金額が倍以上に変わります。各保険会社によっては10年後に金額が上がってしまうこともあるようですが、そうでない保険を選べば、加入したときから払い込み完了期間まで同じ金額で保証を買うことができるのです。

また、加入してしまえばその後に大きな病気が見つかったとしても、金額や保証内容は変わりません。

もう1つは、加入できること。「え?当たり前じゃないか。」と思うかもしれませんが、30代以降で保険に加入できない場合や、加入できたとしても条件が付いてしまうことがよくあります。例えば、帝王切開。「子供が生まれた後に
保険に入ろう」と思っていても、帝王切開をしてしまっていると、していない人よりも保険金額が上がるケースがあります。また、子宮や腹部に関する病気をしても保証されないケースもあります。

手術や病気もそうです。生死に関わるような三大疾病以外にも、病気や大きなケガをしてしまっていると、保険に加入できないケースが多いのが現状です。

そのため、できるだけ若くて健康なうちに保険に加入しておく必要があります。

【ほけんの時間は、家族を守る生命保険を提案!】

そんな誰もに必要な生命保険ですが、ほけんの時間はその人の家族構成やライフプランに沿って、保険の見直しを行ってくれます。

子供がいるのか、老後資金があるのか、貯蓄がしたいのか、資産運用したいのかによって数多くある保険のプランから、その人にあったものを教えてくれるのが特徴です。

気になる方は、ホームページでも気になる項目について詳しく説明があるので確認してみるといいでしょう。

例えば、「貯金がしたい」を選ぶと、貯金に向いている保険を教えてくれます。学資保険と終身保険、個人年金が出てきます。そのメリットが書かれているので、相談する前に確認しておくとスムーズです。

ほけんの時間では、営業マンではなくプロのファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれます。そのため、無理や売り込みなどもありません。相談する相手として人柄を重視する方は、ほけんの時間のホームページで提携しているフ
ァイナンシャルプランナーの紹介を確認するといいでしょう。その人のプロフィールや、性格などがわかります。

どんな人なのか分かった上で、相談ができるのはほけんの時間ならではのサービスです。

しかも各保険会社の営業マンとは違い、複数ある保険会社から、その人に合った保険を提案してくれます。そのため、損することや無駄なお金を払うことなく、何かあったときのために残せる保険に加入することができます。

また、生涯のマネープランも一緒に考えてくれます。何歳で車を買う、家を買う、子供の大学は、など。そのマネープランは細かく見てもらえます。

いつ大きな買い物をするのか、支出が増えるのかを考慮した上で提案してくれるので、収支に無理が無く、かつ的確な保険に加入できるのです。

保険相談はファイナンシャルプランナーが一番

そんなほけんの時間の無料相談ですが、ホームページから簡単に申し込みが出来ます。ただし、無職や休職中、入院中や治療中の方はサービスが使えません。それ以外の方は、ホームページの申し込みフォームに記入をすれば、簡単に無料相談を受けられます。

相談を受ける場所も選べます。事情があって自宅をなかなか離れられない人でも、自宅かその付近まで相談員が出張してくれます。

子育て中のママでも安心です。経験豊富なプロが相談に乗ってくれる「ほけんの時間」。相談は何度でも無料なので、気になる方はホームページより無料相談を申し込んでみてはいかがでしょうか?

JAの学資保険を相談してみても良いかもしれませんね。

学資保険の加入はできるだけ早くした方がいい!

子供が生まれる前からなんとなく学資保険の検討はしていましたが、いざ生まれるとそれどころではなく、日々の子育てでいっぱいいっぱいでした。しかし、生後10か月くらいのころに市役所に行ったときのこと、フコク生命の方に声をかけられました。フコク生命は学資保険で有名でしたので聞いたことはありましたし、女性でしたので不信感もなくお話しを聞くことができました。

その後改めて自宅まできてもらい、学資保険の加入を決めました。今、生命保険もそうですが、ネットで加入できる時代です。しかし、それは簡単なことですがデメリットがいまいち分かりません。学資保険もその点で悩んでいましたが、担当の方が来て説明してくださり、いい点悪い点も教えてくれましたので安心して加入することができました。しかし、妊娠中から検討していたにもかかわらず結局加入したのが1歳になる少し前のことでした。

その後第二子を妊娠し、フコク生命の担当の方に伝えると早く入った方が絶対にいい!とのことで、安定期に入った妊娠6か月くらいでお腹の中の子供の学資保険に加入しました。妊娠中から入ることで、長い期間学資保険に加入することができるので、うちは年払いにしていますが、上の子と下の子では年間1万円も違います。

赤ちゃんが小さいうちはオムツやミルク代がかかるから・・・なんて思っていましたが、大きくなると幼稚園代やおけいこ事で本当にお金がかかります。上の子も妊娠中から加入しておけばよかったなぁとつくづく思います。

産後名前が決まったら書類を書いて送るだけでしたので、とてもラクでした。また赤ちゃんのお世話をしながらだと、学資保険は後回しになってしまうところでした。第一子のときも妊娠中に入っておけばよかったと後悔しました。産後は想像以上に忙しいので、妊娠中にゆったりと将来のことを考えたり、パートナーと学資保険のことを話し合うといいと思います。

また、パパの死亡保障がある学資保険もあります。妊娠中から最悪のことは考えたくもありませんが、本当に最悪のことが起こってしまう可能性が全くないわけではないので、そういった保障があるタイプのものにするとより何かあったときに安心ですよね。同時に、妊娠中にゆっくりとパパとママの保険の見直しもした方がいいかもしれませんね。

妊娠中の時間のあるときに無料の保険相談などをうまく利用して、メリット・デメリットを教えてもらった上で、早めに学資保険や生命保険に入ることをお勧めします。

保険に入っていて良かったと思うこと、そうではないこと

保険を掛けるということはお金もかかる事なので慎重に選びたいと思いつつも、その時聞いた説明の事はあまり覚えていないし、小さな文字でびっしり書かれた規約も最初からすべてを読む人もいないのではないでしょうか。私の若いときは保険に入るのが当たり前という時代でした。独身のときに入った年金型の保険はバブルの崩壊とともにもらえる額が半分以下になってしまいまいた。しかし老後の資金になればという感じでそのまま継続しました。時代はどんどん変わり、今は年金が少ししかもらえない時代。役に立って欲しいと願うばかりです。結婚して入ったのは、女性保険の掛け捨てタイプ。もしもの時の入院費や手術の費用のためにはいりました。共済と呼ばれる保険です。そして子供のための学資保険、ケガのための保険、主人の年金型の保険、生命保険、自動車保険と様々な保険に入っています。すべて払っていたときは、生活が苦しいと感じ、幾度となく解約しようか迷いました。

子供は小学生のとき、よくケガをしたり、肺炎で入院したり、骨折で入院したりで、意外にも保険金を受け取ることがありました。そして私も40代のときに婦人科の病気で手術、入院しました。高額医療で自己負担は数万程度でした。意外に安く済んだので保険に入ってなくても払うことができるんだと思いました。二つの保険会社から保険金を受け取ったので、手術の費用と入院費を合わせるとかなりの額になりました。保険金って何のためにあるんだろう。しかし、その答えは簡単でした。術後、家事をこなすのもやっとで、仕事復帰なんてなかなか考えられなかったのです。パートの収入半年分ほどあった保険金は生活の費用に充てることができたのです。しばらくすると、子供の進学で学資保険を使うことになりました。二人合わせて800万の学資保険は払うのが大変で、何度もくじけそうになりましたが、そのおかげで大学に進学させることができました。

このように保険に入っていたことで安心して治療を受けたり、学校へ行けたりと役に立っているんだなあと思います。急なつまずきにもお金があれば、ゆとりをもって生活することが出来ます。ただ、保険を使ったから思えることで、病気にも事故にも合わずに生活していれば、保険料分は、貯金できたのかなあと思うことあり、払っただけの保険料も確かにあるので、その分はもったいなかったのではと感じるところもあります。とは言え、保険は心の支えになっていて安心の代償と言えるでしょう。ライフスタイルに合わせて変化していく保険があればいいなと思います。

保険の必要性とありがたみ~選び方にも多様性があるのです

世の中には沢山の保険会社があり、各社幾つもの保険サービスを取り扱っています。家を購入すれば火災保険、地震が心配だとすれば地震保険、子供がいれば、…。生きていく上で保険は安心をもたらす存在です。

私は現在39歳です。これまでに、保険サービスには全く興味が無く、唯一加入しているのが、車の保険だけ。つまり、強制保険と任意保険のみという状況でした。強制保険は車を所有している方は誰でも加入するものです。任意保険は、保険会社やサービス、それぞれ個人で選べるものです。

保険の選び方は多様性がある

車を運転する機会が人によって違う為、高い掛け金を支払い、もしもの時に備えて万全を整える方もいれば、中々運転する機会が限られている為に少しの掛け金で済まそうという方もいます。また、昨今、ネット契約が一つの追い風にもなっているのでしょう。従来の対面での保険加入と比べて、ネット契約では人件費等のコストが掛からない分、保険会社は安いサービスや内容拡充に努めています。

例えば、今までは車の任意保険の場合、年間単位で契約をする会社が圧倒的でした。年々、車の所有率や車人気が低下している状況を見ると、年間単位での任意保険の加入はユーザーは受け入れられないのでしょう。その為か、1日単位の任意保険の加入が出来るサービスも始まっています。普段、車を持たない、車を乗らない。しかし、「乗りたい時に乗る。その時に必要な分だけ保険に入る」が可能であると為、今日だけ乗るという限定的なドライバーには非常に便利な安いサービスです。

私は35歳の時に、JAの医療保険に加入しました。年間約72000円の支払い、35歳から55歳まで支払いが続き、80歳まで保険が適用されます。当時は無職だった為、保険の加入には慎重でした。年齢が若い為、今までに大きな病気やケガをしていなかったのも二の足を踏んだ要因でした。今後、どれだけ医療保険にお世話になるのか、勿論、医療保険を必要とせず、健康で生きれる人生が一番良いのですが、万が一の事を考えると…。結果、医療保険に加入しました。私の入った医療保険は、入院や手術、ガン治療等、高額医療費が掛かるケースに支払われるという内容でした。

何度か営業の方と話しをし、確認をしたつもりでしたが、正直内容は余り分からず、もしもに備えて加入した覚えがあります。しかし、保険はやっぱり必要だと思ったのが37歳の時でした。自室で日曜大工をしていたのですが、椅子から落ちて転倒。手首を家具に強打し、救急病院へ行きました。診察の結果、入院、手術を言われました。手首に器具を入れる手術をし、半年後に器具を取り外す手術をしました。二度の入院、手術をしましたが、医療保険が適用し医療費を賄えました。入院・手術による全支出の内、どの位医療保険が出たのか覚えていませんが、9割以上は医療保険が適用された覚えがあります。

この時は保険のありがたみが分かった瞬間でした。

大手保険会社解約の話~加入前にしりたい保険のこと

だれしも1つくらい、任意での保険に加入されてると思います。
昔は生命保険と言えば大手のものに加入がデフォルトで、その本内容も分かったようなわからないような気持ちで、

自分が生きていくうえで安心するために、加入されたと思います。

保険の規約は加入前にしっかりと知ろう

今現在はいろいろと保険会社も増え、金額・内容もだいぶんバラエティに富み、自分のニーズに合った商品をいろいろな情報源から選択して加入することができるようになりました。

大手保険会社の保険に加入された時代は、とても景気の良い時期だったこともあり、保険金もちょっとお高め。

さらに、そういう保険は更新年齢というものがあって、更新されるごとの年齢に応じて保険料菌がアップしていくという…

加入した当時はあまりそんなこと気にもしていなかったのかと思います。

さて、我が家も家族が増えたり色々と状況が変わりましたので、このたび保険を見直すことにしました。

そうしますと、今年更新を迎え保険があることに気付きまして、よくよく見ますと、今支払っている保険料金の倍になることに気付きました。

確かに、年齢が上がるにつれ死亡したり病気にかかるリスクも増えますから、料金が上がるのも当然なのでしょうが…

現在でも「ちょっと高いな・・・」と思いながら支払っておりましたから、これは思い切って同じ補償内容の別の保険に入りなおそうと決めまして、

職場で斡旋しております生命保険に新規加入し、それとスライドするように現在の保険を解約しようと決めました。

引越を何度かしたこともあり、担当の方がどなたなのかもわからなくなってしまっていましたので、保険会社のフリーダイヤルへ電話をします。

解約の旨を伝えますと、当社に落ち度があったのかなど、解約の理由を丁寧に聞かれましたので、正直に理由を述べました。

そうしましたところ、担当の者より折り返し連絡を差し上げますとの回答をいただきました。

翌日、主人の元へ連絡が来まして、予想通りこちらの希望に合った保険の提案をさせていただきたいとの申し出により、面会日を決めたとのこと。

当日何の連絡もなくいらっしゃらなくて、こちらからもう一度フリーダイヤルへ電話をしてことの顛末を話しました。

もう一度連絡させますと言われましたが、もう結構なので解約の書類をくださいとお願いしましたところ、書類が数日中に届きました。

必要事項を記入し、指示されたものを同封し、保険会社へ送付します。この書類が先方へ届いた時点で解約ということになるそうです。

その後書類を受け取りましたので、返戻金を振り込みますとの連絡をいただきました。

今まで支払っていた総額の保険料金からするとビックリするくらい少ない金額でしたが、保険に加入していたおかげで安心して生きて生活していられたのだなぁと思いましたら、保険は保証もそうですけれどもそれ以上に安心料なのだな
と感じました。