大手保険会社解約の話~加入前にしりたい保険のこと

だれしも1つくらい、任意での保険に加入されてると思います。
昔は生命保険と言えば大手のものに加入がデフォルトで、その本内容も分かったようなわからないような気持ちで、

自分が生きていくうえで安心するために、加入されたと思います。

保険の規約は加入前にしっかりと知ろう

今現在はいろいろと保険会社も増え、金額・内容もだいぶんバラエティに富み、自分のニーズに合った商品をいろいろな情報源から選択して加入することができるようになりました。

大手保険会社の保険に加入された時代は、とても景気の良い時期だったこともあり、保険金もちょっとお高め。

さらに、そういう保険は更新年齢というものがあって、更新されるごとの年齢に応じて保険料菌がアップしていくという…

加入した当時はあまりそんなこと気にもしていなかったのかと思います。

さて、我が家も家族が増えたり色々と状況が変わりましたので、このたび保険を見直すことにしました。

そうしますと、今年更新を迎え保険があることに気付きまして、よくよく見ますと、今支払っている保険料金の倍になることに気付きました。

確かに、年齢が上がるにつれ死亡したり病気にかかるリスクも増えますから、料金が上がるのも当然なのでしょうが…

現在でも「ちょっと高いな・・・」と思いながら支払っておりましたから、これは思い切って同じ補償内容の別の保険に入りなおそうと決めまして、

職場で斡旋しております生命保険に新規加入し、それとスライドするように現在の保険を解約しようと決めました。

引越を何度かしたこともあり、担当の方がどなたなのかもわからなくなってしまっていましたので、保険会社のフリーダイヤルへ電話をします。

解約の旨を伝えますと、当社に落ち度があったのかなど、解約の理由を丁寧に聞かれましたので、正直に理由を述べました。

そうしましたところ、担当の者より折り返し連絡を差し上げますとの回答をいただきました。

翌日、主人の元へ連絡が来まして、予想通りこちらの希望に合った保険の提案をさせていただきたいとの申し出により、面会日を決めたとのこと。

当日何の連絡もなくいらっしゃらなくて、こちらからもう一度フリーダイヤルへ電話をしてことの顛末を話しました。

もう一度連絡させますと言われましたが、もう結構なので解約の書類をくださいとお願いしましたところ、書類が数日中に届きました。

必要事項を記入し、指示されたものを同封し、保険会社へ送付します。この書類が先方へ届いた時点で解約ということになるそうです。

その後書類を受け取りましたので、返戻金を振り込みますとの連絡をいただきました。

今まで支払っていた総額の保険料金からするとビックリするくらい少ない金額でしたが、保険に加入していたおかげで安心して生きて生活していられたのだなぁと思いましたら、保険は保証もそうですけれどもそれ以上に安心料なのだな
と感じました。